農楽舎スタッフ

下島 栄一(しもじま えいいち)顧問 1949年生
私の人生で気にいっているところは誕生日が7月7日である事とこの末野集落である。360度山に囲まれ出入り口が1ヶ所だけ、46家(戸)がお互い力を合わせ助け合い生かされている。日本人の生活は農業が基本に成っている事が神事で解る。ここにかみなか農楽舎が出来た事でいちだんとの集落の絆が深まった。私の夢はこの360度の山の尾根に遊歩道を作り、毎日集落を見つめたい。
前上 英二(まえがみ えいじ)取締役 (株)類設計室勤務 1961年生
1999~2001年、かみなか農楽舎の立ち上げに関わり、若狭町・末野集落と農に魅せられました。 (それに影響されて5年間程、茨木市の山奥に畑を借りて家庭菜園をしていました。) その後、しばらく離れた後、2007年から再び会社経営に関わらせてもらっています。 みんなの力を合わせれば何でもできます。 できないのは「できない」と不可能視しているから。 それを壊してくれるのはまわりの仲間だと思います。 だから、「仲間同士が仲良く充実した職場をつくり、無限に発展していく」 そんな農楽舎にしていきたいと考えています。
八代 恵里(やしろ えり)取締役 1981年生
子どもと遊ぶこと・食べること・体を動かすことを、めいっぱいするのが好きです。全部を楽しくしたいと考えた結果、農楽舎に来ました。都会も好きですが、自然豊かなここ若狭にいるだけで、幸せな暮らしをしているな!と感じる日々です。 3児の母になりました。子育てをしながら、皆さんの農業・農村に触れ合うお手伝いが出来ればと思っています。
下嶋 幸夫(しもじま ゆきお) 1961年生
写真屋を継ぎ32年、子供達も皆巣立ったのでこれからは好きに生きると決めた第二の人生、偶然にも農楽舎に縁が出来、この春よりお世話になっております。座右の銘は「人生かけ算」。私の人生は大変豊かです。それほど農楽舎の数字は大きいのです。何故大きいのかって? 中の皆の人間力ですよ。
下嶋 光晴(しもじま みつはる)社員 1983年生
かみなか農楽舎はやりたいこと・やってみたいことが沢山詰まった、【玉手箱】の様な場所です。将来の竜宮城を見つけたい方(笑)、興味のある方は 是非一度来てみて下さい。きっと探していたものが見つかりますよ。
山本 進(やまもと すすむ)社員 1980年生
大阪府大阪市と都会のど真ん中出身です。 春には満開の桜並木、夏には幻想的なホタル、秋には黄金色に稔った稲、冬には降り積もった雪が見れる、そして、暖かな地元の人たち。そんな末野の集落に憧れ、このかみなか農楽舎にやってきました。 将来は、農業の指導者になり、農業の大切さ、自然の醍醐味を伝えていけるようになれればと考えています。
山川 みを(やまかわ みを)社員 1980年生
お米や野菜が育つ豊かな里山環境を通して、一人でも多くの方に自然を好きになって貰えたらと思っています。
岡村 知世(おかむら ともよ) 1990年生
出身は埼玉県さいたま市、東京の隣のベッドタウンです。 高校生の頃の授業で日本の食料自給率の低さに衝撃を受け、農業をしたいと考えるようになりました。 子供の頃から生き物や自然が大好きで、農作業の合間にきれいな野草やカエルを見つけてはにまにま。よくニヤニヤしてると言 われてしまいます。 末野はとっても自然豊かなので、毎日笑顔です。 よく食べて、よく寝て、よく働いて、日々学んでいきたいと思います。

研修生

松村 修平(まつむら しゅうへい) 1996年生
大学四年生になる春休みのインターンシップで地域とのつながりを大切にするかみなか農楽舎の姿勢に惹かれ、ここで農業を学びたいと感じました。また学生時代は炭について勉強していたので、炭窯をもつ農楽舎は自分にとって最高の舞台だと思いました。まずは二年間、研修生としてしっかり勉強して、自分の好きなことを生かす道を探していきたいと考えています。
鈴木 豊(すずき ゆたか) 1996年生
農業技術だけでなく、農村で楽しく生活する知恵もたくさん教えてくれているということにすごく魅力を感じました。若狭町の豊かな自然環境の中で想像力や感受性を十二分に養っていきたいです。ここで生活させていただいていることに感謝し、思いっきり笑って暮らしたいです。