はい島照樹 (はいじま てるき)  H17卒業 東京都
これからの日本で将来性があるのは農業だと考え、会社員を辞めて農家になろうと決心しました。
2年間の研修の後、2006年4月地元の認定農家川上氏のもとで学び同年7月協同で合同会社山心(さんしん)ファームを設立。2012年川上氏と代表を交代し、現在米麦を中心に約30haを耕作。
これからも、自然の中で額に汗を流しながら働き、自分が作る作物を美味しいといってもらえたらいいなと思っています。