若狭で就農・定住

若狭で就農定住

若狭町の農村集落は、集落単位で、また、世代グループにより担われる祭や行事を通じて、課題と役割分担、相互扶助が自然と行われてきた。そこには、都市の表層的で貧弱な近隣関係ではなく、心情を共にする濃密な人間関係があり、それが集落の紐帯となり、活力の源泉となってきた。都市が限界と破綻の様相を呈し、市場社会が崩壊の瀬戸際にある今、改めて、若狭町の集落共同体は、これからの社会関係の有り様としての可能性をもつ。一方、都市の若者は、都市や市場の狂気と根無し草から脱し、仲間収束・自然収束に可能性を見出そうとしている。集落の活性化とそのための若者の就農定住を目標に推進し、若狭町の発展・進化につなげていく。農業を志す若者に対し、自立への研修を行い、将来、若狭町への就農定住を支援します。

  • 若狭町について
  • 就農・定住プラン