就農・定住プラン

就農定住研修事業の概要(農業生産法人 有限会社かみなか農楽舎)

若狭町、地元集落、認定農業者等による研修体制を組み、栽培を学びながら自主販売、体験事業、加工という多角的な農業研修を行います。また、歴史を知り、集落行事に参加し、地域づくりの諸活動に参加します。
2つの研修コースがあります。1つは自立して新規就農者となる研修コースです。
もう1つは法人社員として農業生産事業や就農定住研修事業等を担う法人社員コースです。
また、農業経験者や研修経験者は、認定農業者等の元で研修し自立していくことも可能です
(要相談)。


■1年次研修
農業の基本をマスターし、若狭町での生活に慣れる期間です。具体的には(1)水稲栽培(2)大麦、露地野菜、施設野菜の栽培等 (3)座学(町の歴史や施策、地元農業者との交流等) (4)農業体験等の企画です。
■2年次研修
水稲と転作の課題を与え、現場責任者として栽培から販売までを担い就農準備を行う期間です。
この間に様々な新規就農の手続きを行い、次年度には新規就農者として自立します。
■経験者の就農コース
認定農業者等の元での研修です。翌年には新規就農者として自立します。
■法人社員
2年間の研修後、法人社員として農業生産事業、研修事業、体験事業等を担います。
■研修生の負担
研修受講費の負担はなく、法人から生活費に相当する奨励金を支払います。
※青年就農給付金(準備型)の活用も可能です。

研修終了後のイメージ

研修終了後の就農の種類

研修生募集 詳細について