月別アーカイブ: 2021年8月

トマト 防除

8月21日(土)  曇・雨
 
 
雨もちらほら、涼しい日
 
トマト、いい感じで色づいてきました。
 
トマトに虫が出て、ガンマンできない量になったので
 
防除することになりました。
 
 
播磨氏、お得意の計算から始まります。
スマホの計算機片手に
 
「〇ミリリットルは、〇リットル?」
 
「〇倍希釈で、〇リットル液を作りたい場合は?」
 
岡村氏から算数の授業です。
 
完全防備で、散布方法を教わり
防除作業です。
 
 
 
農業は体力だけでなく、算数、理科
時には美術、国語、社会…
 
たくさんの知識がいりますね。
 
 
 
 
 
投稿:八代

お米の写真撮影

8月20日(金) 晴・雨
午前は雨ももち
草刈り隊
来週立てる稲木の周りもスッキリ。
午後は、農遊コンシェルジュの研修会へ
地域の起業された女性2名のお話と
商品の写真撮影の座学がありました。
お話は2名とも、とても今の自分に突き刺さるものがたくさんありました。
成長したいです。
そして商品の写真撮影の練習。
米袋のデザインはいいのですが
袋に入ったお米は私が撮影すると「肥料袋のようだ」など言われてしますので
今回、先生にたくさんのアイデアを頂きました。
まだまだ、これは練習ですが
(特別栽培米の青いシールがきちんと見えていないので商品袋からやり直しです…^ー^;)
これから収穫を迎える新米
稲穂がいい感じの黄金色のうちに
沢山撮影して、研修生や社員頑張って作ったお米をPRしていきたいです。
投稿:八代

コンバイン 整備

8月19日(木)  曇・雨
 
 
雨が降るぅたりやんだり、降ったり…
草刈り隊は行った戻ったり待機したりの天気です。
稲刈りに向けてコンバインの整備
 
昨日・今日で2台を研修生がコンバインの中を学びつつ
完了しました。
 
 
 
 
 
 
 
投稿:八代

座学 ~稲刈り~

8月18日(水)   晴・曇・雨
 
 
雨かと思いきやポツポツだけでもち
青空広がる日となりました。
 
直前となった稲刈り
その稲刈り全般についての座学が開催されました。
 
稲刈りはできないので、実際に現場で作業をした時に
こういうことか、と思ってもらえるような事前知識
 
そして稲を刈った後の感想施設の実際の使用方法など
天気が晴になると少々焦りますが
 
久々のじっくりと時間を取っての座学でした。
 
さあ、稲刈りまでまた1つ近づきました。
 
 
 
 
 
投稿:八代

体休めの雨

8月17日(火)   曇・雨
 
 
農楽舎のカラカラの池も
 
雨のおかげで、満水。
 
池のコイもたくさん水路に逃げ込んだようです。
 
 
草刈り隊も、あいにくの雨で撤退
稲刈り前に、ハウス作業や頭を使って熟考タイムとなります。
 
外部研修で得てきた知識を実践したり
勉強部屋にて溜まったやりたいことをまとめて
パソコンとにらめっこ
 
体休めの雨です。
 
投稿:八代

お盆

8月16日(月)  曇
 
 
ヒグラシが鳴き、ヒマワリの花が少し首を曲げ
お盆の終わりを告げているようです。
 
お盆が終わると「稲刈りだ~!」という雰囲気になります。
 
稲刈り前の最後の草刈りに取り掛かっています。
 
ハナエチゼンの稲穂もいい色に色づいています。
 
新米のご案内もあと
 
晴れた日に、全員集合で色づいた田んぼで写真を撮ると完成
 
秋へとカウントダウン開始。
 
 
投稿:八代

恵を呼ぶインターン生

8月15日(日)  晴
 
 
朝方ぽつりもありましたが
久々の青空広がる日
 
雨が去るとともに
 
第1弾インターン生も本日農楽舎を後にしました。
インターン生が、恵みの雨を呼んできてくれたようです。
 
雨続きのインターン期間でしたが、田んぼ、野菜、果樹、稲刈り前の準備など
 
バラエティー豊かに体験して頂けたと感じてますが…大丈夫かな??
 
コロナの影響でしばしキャンセルも出て稲刈り始まると第2弾3弾と続きます。
少々、研修生だけの稲刈り前の落ち着いた時間となります。
 
 
投稿:八代

軍鶏

8月14日(土)  
 
本日も雨
大きな災害にならないことを願います。
 
朝からお寺の鐘が鳴り
 
「あ~お盆だな!」と感じました。
 
今日から新入生3羽入りました。
 
ヒナを買ってきて育てていた方が
朝早くから鳴き、個人宅での限界を感じ
 
譲っていただきました。
 
 
軍鶏(しゃも)です。
 
オスはやはり足もごっつく、色合いも THE 軍鶏
少し先輩のウコッケイ小屋の横にいます。
 
 
 
 
投稿:八代

イチゴ苗作り

8月13日(金)  
 
 
今年は、雨のお盆ですね
 
甲子園も中止
 
なかなか、外作業ができないので
じいちゃんイチゴの苗作りを
山登氏&インターン生で挑戦。
ポットの土入れから、水を含まない…
 次は水が絞れるくらいドボドボだ…と悪戦苦闘。
ポットに親株から伸びた子株を置き、畑で集めておいた石で
固定し根が伸びてくるのを待ちます。
 
ブドウの木の下での作業
メルヘンチックです。
 
 
 
 
 
投稿:八代

指導者魂

8月12日(木)  曇・雨
 
雨が降ったり、やんだり
1日どんよりの空
 
研修生で2日に1回ハウスのトマトの管理
 
 
勿論、岡村氏指導のもとですが
 
今はインターンシップ生もおり
 
研修生がお世話頑張っています。
そんなハウスに髭のじいちゃんが
 
成長著しトマトのわき芽を摘む芽かき
取りこぼしが気になり指導
 
「ほらこれも~」
 
 
 
 
投稿:八代