月別アーカイブ: 2021年9月

インターン生

9月24日(金) 晴・雨

雨が急に降ったりと秋の空は…

休日が多く曜日がわからなくなっています…

明日はもう週末、そして9月も末

大学の夏休みももう終わる時期

農楽舎のインターンシップも少し落ち着く頃となりました。

インターンシップに参加する方は目的もそれぞれ…

農業に興味がある人、はたまた一番遠い世界だから、将来農業をしようかと…今年も沢山の思いで参加してくださいました。

そして今回参加してくださっている方は

何と農業機械から農業に関わっていきたい

工学部の学生さん

将来、地球にも農家にも優しい機械を開発してねとばかりに

八代の要望を色々お話ししました。

そんな方もいるのだと、将来が嬉しく楽しみになりました。

たくさ機械に、農家に、農業に、農楽舎に触れていってください。

投稿:八代

いちほまれ

9月23日(木・祝) 晴

農楽舎産 無農薬栽培の「いちほまれ」完成しました

 

そして先日地域の小学校で栽培している「いちほまれ」の稲刈りに

山登氏&光晴氏でお手伝いに行きました。

 

5年生の授業で毎年お米の栽培をしていて

田植えや稲刈りなどに応援に行っています。

応援と言うより、子ども達と遊ばせてもらいに行っています。

勿論、5年生を孫にもつじいちゃん&ばあちゃんなどお家の方も

ボランティアでお手伝い来ています。

じいちゃんがこども達に稲の束ね方を教えている姿は何とも素敵な光景です。

光晴氏も「誰か教えさせて!」と子どもたちに逆要求

素直な子どもたちは、じゃあと習いに来てくれました。

刈り取った稲は

毎年恒例

ジャングルジムお化けとなります。

 

 

5年生の

 

 

投稿:八代

稲木 解体

9月22日(水) 曇・雨

天気も午前中はもち

いよいよ秋深し

天日干し脱穀も終わったので

天日干しの稲木もお役目終了

本日解体となりました。

この景色も見納め、また来年

栗の木と稲わらのみで作っているので

建てたのと逆再生で

わら縄をほどき

分解して、稲木小屋に片付けていきます。

昔の人はも物大切にそして循環するように使ったと言われますが

稲木を見ていてホントそう思います。

無駄がない

投稿:八代

天日干し 脱穀

9月21日(火) 晴

中秋の名月

昨晩の月はとってもきれいでした。

今夜もいい月見れそうです。

先週刈り取りした天日干しコシヒカリ

ついに脱穀

ということはこの天日干しの景色も見納め

天日干しは景色も含めての美味しさです。

コンバインで脱穀し

稲わらも畑のマルチやわらを編んで縄など

色々使えるので

束にしておいて置きます。

もちろん細かく砕いて、また来年の為に田んぼにかえしてあげます

稲はお米だけでなく、稲わら・もみ殻…色々使えます。

そして作業も沢山の人の結があります。

投稿:八代

いちほまれ 稲刈り

9月20日(月・祝) 晴

敬老の日 

祝日を忘れてました、世間は3連休なんですね。

岡村氏指導のもと山登氏のコンバインで

「いちほまれ」の稲刈り

コンバインのキャビンは右側にあるので通常は反時計回り刈り取ります。

田んぼの入口が左側にある時は最初の入口1列は時計回りに入りドンつきターンして

 

反時計回りに刈り取ります。

岡村氏の温かいまなざしの元

山登氏はそのまま時計回りにコンバインを動かしてしまいした。

常田氏も黙ってはおられず

山登氏を常田氏が指導し、それを岡村氏が温かく見守り

更に、八代がそこを撮影して微笑んでおります。

たくさんの人に見守られて研修

素敵な光景でした。

投稿:八代

放生祭

9月19日(日) 晴・曇

本日は昼から集落の神事「放生祭」につき

 

朝から神事までに稲刈りを終わらせて参加しようと

務氏&岡村氏の2台で本気稲刈りでした。

↑七五三ではありません

あいにくの状況につき、笛や太鼓の奉納はなく

 

神事のみですが皆で参加させて頂きました。

朝はインターンシップ生も参加してのぼり立て

ここでもわら縄を使い男結びが活きて(?)います

日頃の感謝御礼と更なる繁栄を。

投稿:八代

梅農家 座学

9月18日(土) 曇・雨

今のところ若狭は

台風の被害もなく

 

稲刈り時期の雨の日 

体休めの日となりました。

インターンシップ生で、梅に興味がある方がいたので

卒業生の梅農家小林氏の都合も良く

急遽、農楽舎にて新規就農梅農家の座学を開催。

6期生で研修の後、町内のウメ産地で新規就農してもう就農10年になる

小林直哉氏 就農までの経緯や、栽培について

収入面まで包み隠さず色々とお話ししてくれました。

休みの日でも熱心に参加してくれるインターンシップ生と

自身の経験を惜しみなく次の世代にお話しししてくれる卒業生

ありがとうございました。

投稿:八代

初☆取材

9月17日(金) 曇・雨

雨が降ったりやんだりの天気です。

ということで本日は稲刈りお休み

トマトの収穫・出荷や籾摺りをしています。

そして、研修生の取材もありました。

堂々と取材を受ける播磨氏

山登氏はじめての取材に昨日よりソワソワ

自己紹介からカミ、インタビューでは

緊張からか身振り手振りが多くなります。

こうやって人前で自分のことを話すことに慣れて行きます。

取材頂きありがとうございました。

投稿:八代

彼岸花

9月16日(木) 晴

彼岸花が田んぼを華やかにしています。

常田氏 有機JASコシヒカリ稲刈り

集落のお宮さんの前の田んぼ

田んぼの地名もそのまま「宮の前(みやのまえ」

農楽舎でのコンバインは昨日初乗りの

2日目ですが、コンバイン乗車経験もあり

ウィーンとコンバイン走らせております。

「少々、曲がり角など、気になる運転やな~!」

と話していると

岡村氏が「私もあんな風に指導するじいちゃん達に冷や冷やと感じさていたんだな~!」

と研修生をじっと見守る指導者の顔になっていました。

秋晴れのいい天気

まだまだ稲刈り続きます。

投稿:八代

稲穂とともに

9月15日(水) 晴・曇

晴れ

コンバインでの稲刈り

再来

そして天日干しも引き続き

天日干しの稲穂の香りを

新米のお客様にお届けしようキャンペーン!

(勝手にです)

天日干しのコシヒカリの穂を

ちょいと頂いいて

いい感じにして入れております。

籾殻を取って玄米にして食べるもよし!

飾りにするもよし!

新米を食べなら眺めるもよし!

八代の趣味で、勝手にキャンペーンしてますので

稲穂があるうちに

五感でお楽しみください。

投稿:八代